B型肝炎

B型肝炎ウイルス(HBV)の感染による肝臓の病気です。感染力が強く、治療に時間がかかり重症化することもあるので、 早期の発見・治療が重要です。また、感染の経路がHIVとほぼ同じなのでB型肝炎の感染が分かった時にはHIVの検査も受けることを お勧めします。慢性肝炎と急性肝炎とがありますが、ここでは急性肝炎について説明します。

症状

感染しても急性肝炎を発症(もしくははっきりと分かるほどの症状がでる)するのは3割ほどで、HBVの感染を受けた人の多くは 自覚症状がないまま治癒します。しかし、急性肝炎を発症した場合、稀に重症化することがあります。急性肝炎を発症すると 黄疸(皮膚や白目が黄色っぽくなる)、全身のだるさ、食欲不振など、風邪のような症状が見られます。重症化するまでは 自覚症状が現れない場合が多くあるので注意が必要です。

治療

急性B型肝炎の場合は、1〜2ヶ月間入院をし、栄養をしっかり摂ることと、安静にすることが必要となります。治療に関しては、 肝臓の状態や全身状態を把握し経過をみながら、慎重に行う必要があるため、治療にあたっては肝臓専門医とよく相談することが大切です。

予防と検査

HBVは主としてHBVに感染しているヒトの血液や血液が混入したヒトの体液(血液、先走り、ザーメン(精液)、唾液など)を介して 感染します。一般的には輸血などでも感染しますが、Sexによって感染する人も増えています。特にアナルセックスやフェラチオは 感染の危険度が高まります。ですからアナルセックスやフェラチオするときには、コンドームの使用が有効です。 しかし、ディープキスなどでも感染することもあります。予防にはワクチン接種が有効で、ワクチンは初回とその約4週後、6ヶ月後の 3回接種する必要があります。 予防接種は最低10年間有効と言われています。ワクチンの効果については個人差もあり、費用については医療機関によって異なるので、 事前に医療機関に確認することをお勧めします。

あなたの貴重な体験談をぜひお寄せ下さい!

話したいことはいっぱいあるの!と言う方のために、体験談を投稿できるようになりました!

関西HIV検査場ナビ

体験記で調べる

行為別で調べる

病因別で調べる

STI情報お役立ちリンク集

協力会社