尖圭コンジローム

かかっていても痛みやかゆみがなく、放置している間に進行し、知らない間に誰かにうつしたり他の性感染症STI(STD)に ダブル感染したりすることがあります。尖圭コンジロームに感染しているとHIVに感染する確率が数倍高くなります。

症状

尖圭コンジロームはヒト・パピローマ・ウイルスを病原体とする感染症で、感染してから1〜3ヵ月後にペニス(亀頭、カリの溝、 包皮、玉)、肛門の周囲や中などに米粒大のイボが数個出来ます。その後数が増えて、あずきぐらいの大きさになり、肌色ないし 赤褐色のイボが群がるように増えてきます。イボは何列にもなり、大小様々なサイズになります。かゆみ、痛み、出血を伴う場合もあります。 またイボの部位に熱をもつこともあります。痛くないから、かゆくないからと思って放っておくと、知らない間に セックスの相手に感染させてしまうことになります。

治療

放っておいて自然回復することはありません。初期のうちなら、塗り薬で治療します。症状が治まるまでに数週間かかります。 イボの数が多くなった場合は、外科的切除が必要になりますが、なかなか治りにくく、再発を繰り返しやすいです。

予防と検査

基本的には、男性器、又は肛門にできたイボと粘膜の接触によってうつります。口の中からも感染する可能性があります。 決定的な予防法はありませんが、コンドームをつければ防げる可能性は非常に高くなります。セックスの後、手や陰部を洗って、 相手の体液を流すことでリスクを下げることもできるでしょう。イボに気づいたら、思い切って病院(皮膚科・性病科)へ行き、 診てもらいましょう。治療後も1〜2年は2〜3ヶ月ごとに受診してチェックしてもらいましょう。

あなたの貴重な体験談をぜひお寄せ下さい!

話したいことはいっぱいあるの!と言う方のために、体験談を投稿できるようになりました!

関西HIV検査場ナビ

体験記で調べる

行為別で調べる

病因別で調べる

STI情報お役立ちリンク集

協力会社