しゃぶられる

傷や炎症があって出血している
場合は注意が必要

だ液からHIVやB型肝炎に感染する可能性はないですが、相手の口の中に傷や炎症があって出血している場合には注意が必要です。
また相手の口の中やのどの奥にできもの(炎症や潰瘍)ができていると触れるだけで、梅毒・クラミジア・淋病・ヘルペスなどに感染することがあります。
しかも、のどの奥は見えないのでできものがあるかは分かりにくいため注意が必要です。

予防

●チンコに傷や炎症、出血がないかを確認
チンコや尿道口などが傷ついていたり、できものができて炎症を起こしているとそこから病原体が入ってくるのでチンコの状態をチェックしよう。 。

ひと工夫

●コンドームを使う
口の中やのどの奥などのできもの(炎症や潰瘍)に触れないようにするためには、コンドームを使用することが効果的です。

●チンコを洗う
セックスの後にチンコを洗うことで、病原体を洗い流し、感染リスクを下げることができます。

●おしっこをする
性感染症(STI)といわれる病原体以外にも口の中は雑菌が沢山あるため、それが尿道口から入ると尿道炎を起こすことがあります。
セックスの後すぐにおしっこをすることで、入ってきた雑菌を身体の外に出すことができ、感染リスクを下げることができます。

あなたの貴重な体験談をぜひお寄せ下さい!

話したいことはいっぱいあるの!と言う方のために、体験談を投稿できるようになりました!

関西HIV検査場ナビ

体験記で調べる

行為別で調べる

病因別で調べる

STI情報お役立ちリンク集

協力会社